子育て世代の困難のほとんどは資金難。

私は本気で「お金の予防プラン」をおすすめします。



かしこい子育て世代は資金計画をしてから
動き出すという傾向が増えています。

年齢的には20歳代後半から40歳代前半。
小さな子どもがおり、奥様が専業主婦またはパート勤務であったりと
生活は決して楽ではない世帯が多いと思います。



子育て世代の悩みの多くは次の2つです。


・これから教育費がどのタイミングでいくらかかるのかがわからない
・住宅ローンを組むことで長期間の支払いができるのか

これらの悩みが解決できず、
日々悩んでいますといったことがよくあります。



すべての理由に関係しているのは「お金の悩み」なのです。

満足いく住宅購入はできたものの、
子どもに満足いく教育を受けさせることができなかった。

住宅購入と教育は無事に終わったが、
老後の蓄えが全くできず、貧しい老後を過ごすことになった。



このような生活は誰も求めていません。


マイホームを持つと資産になるなんて思っている方が多いですが、
私に言わせると、ローンを払っている以上「負債」なのです。

しかし、35年間ローンを払ってでも得たいものは何なのかをぜひ考えてもらいたいのです。


皆さんが本当に求めているのはマイホームでの幸せな家族団らん、
子ども達に満足な教育、家族での旅行などではないでしょうか?


ライフプランを受けることで、マイホームの支払いのみを考えるのではなく、
住宅・教育・老後の「三大資金」のバランスを考え、
計画的に実行できるプランを立てることで、これらの不安を払しょくし、
安心した生活ができることになります。


ライフプランを受けた結果、支払可能額から計算した購入費用がわかる、
または現在支払っている住宅ローンの総支払額を大幅に削減できる、
教育資金の安心もつかむことができ、老後に向けた貯蓄も万全となったらどうでしょうか?


日々の生活の中でお金に関する悩みは大きく減ってくるでしょう。

私たちは特に子育て世代の皆さんにはぜひライフプランを受けていただき、
安心した生活を送っていただきたいと思っています。



お医者様は病気を治します。


最近は病気になる前に病院に行きチェックをする
「予防医学」が浸透してきていますが、
お金に関してもファイナンシャルプランナーに
お金が足りなくなってから相談に行くのではなく、
そうなる前に「予防策」を考えることが必要だと考えます。


ただし、お医者さん同様に、
相談するファイナンシャルプランナーを間違えないでくださいね!

この記事を書いた人

三浦 康司
みうら こうじ

おうちの買い方相談室代表で、キッズマネースクール代表。そしてごえん保育園の園長先生です。

最新ブログ一覧