住宅会社がよく使う手口

住宅会社の営業さんたちは
何とか自社の住宅を買ってもらいたいと考えています。 いろんな手を使って、
契約しやすい状況を作ろうと考えています。
某会社の
「展示場の建物を抽選1組○○○万円で販売します!」
というチラシは見たことありませんか?
これを見て「安い!」と思った人たちからの応募がたくさん来ます。 これは家が欲しいという人たちの情報をたくさん集める方法なのです。
もちろん、実際に建物は販売するのですが、
当選するのはたった1組。 はずれた多くの「家が欲しいと考えている人」
たちの情報は会社に入ってきます。
これで終わりではなく、 はずれた多くの人たちのもとに営業マンから連絡が入ります。
「○○さん、1等賞ははずれましたが、
2等賞の住宅購入価格200万円割引の権利が当たりました!」 これを聞くと、得した気分になりますよね?
しかしこれはもし全員2等賞(笑)だったらどうでしょう。
もしかして、通常2000万円の価格が2200万円と言われて、
皆さんは違いがわかるでしょうか? そして200万円値引きしてもらって、実際は得していますか?
こんなこともあったりします。 もちろんうそをついているわけではありませんが、テクニックです。
逆に値引きを一切しない会社の方が真面目なのかもしれませんね。
「住宅を長年販売している人と、最近になって住宅購入を考えている人」
どっちが得して、どっちが損をするでしょう?
このあたり、しっかりと学ぶ必要がありますよね!

この記事を書いた人

三浦 康司
みうら こうじ

おうちの買い方相談室代表で、キッズマネースクール代表。そしてごえん保育園の園長先生です。

最新ブログ一覧