住宅購入で支払いが家賃を超えてしまう場合の対策

例えば、


社宅のため家賃4万円からローン10万円に。

奥様はパートに出るべきでしょうか?


といった質問をもらうことがよくあります。
話を聞くと、お子さんが生まれてから生活が毎月苦しい状況で、

社宅で家賃が安いことに甘えていたけれど、

住宅購入を考えると支出が6万円増えることにびっくり。

車のローンもまだ100万円残っていることも

苦しい要因の一つという家庭の場合。


チェック1

支出を漏らさずにチェックし、全体を理解する。

まずは支出を書き出してみましょう。

そして、無駄なところ、効率の悪いところを知り、

我が家にあった予算を決めましょう。

生活費はよほどの無駄がない限り、減らさないようにすることが大切。


チェック2

生命保険のスリム化。

多くの人が無駄の多い保険に入っています。

貯金が目的なのに元本割れする学資保険に入っていたり、

その家庭に合っていない過剰な生命保険に入っていたり。

この家庭では学資保険を解約し、解約金(返戻金)を使い、

金利4%で支払っている車のローンを先に終わらせました。

(ちなみに住宅ローンは0.8~1.6%程度)


チェック3

住宅ローンも目先だけでなく、先まで考える。

チェック1,2を実践することで車のローンの3万円、

生命保険の2.5万円の計5.5万円が浮き、

最終的に貯金の5千円と合わせると6万円、

今の家賃4万円と合わせると毎月ローンの10万円の支払いが可能となります。

ただ、これは現状支払いが可能になったということで、

将来的には子どもの教育資金や、老後資金、

住宅ローンの終わり方についても考えなければいけません。



まとめ


家計簿付けも不要!

子どもが未就学の間はお金の貯まらない時期に無理してパートで働くよりも、

家計の効率化と長期プランを立て、タイミングを理解する。

まずはライフプランで、長期の計画を立てることが大切です。

お金を貯めることのできる時期、貯めることのできない時期を知り、

最大の貯蓄、最小の赤字とするために家計をスリム化していく。


この家庭では長女さんが小学生になる2年後から奥さんがパートで働くことで、

出費も最小限、学資の貯金もここから始めても間に合う計画にしました。

またご主人65歳で住宅ローンが完済でき、

日々の生活も圧迫しない貯蓄プランもスタートします。

最初の1-2か月で出てくる問題点は随時修正し、

3か月続けてもらえたらもう大丈夫でしょう。

この記事を書いた人

三浦 康司
みうら こうじ

おうちの買い方相談室代表で、キッズマネースクール代表。そしてごえん保育園の園長先生です。

最新ブログ一覧