この時期、家なんて買えない....と思ってしまった方へ

新型コロナウイルスが世界中のいたるところで

様々な影響を及ぼしていますね...

おうちに関しても

住宅ローンは返済の金額が

家計の中に占める割合も高くなりがち...不安を感じられて

ご相談のお電話やご連絡を下さるお客様も多くなってきました。



今日は

今ある、

住居や・住宅ローン関連の支援のお話を少し紹介できればと思います。

■住居確保給付金

厚生労働省は

新型コロナウイルスの感染拡大で、お仕事を失った人などに

家賃を支給する制度について

対象を収入が激減した人やフリーランスにも広げ、

今月末からは手続きを簡単にする方針を打ち出しました。

「住居確保給付金」は、仕事を失って家賃が払えなくなった人に、

自治体が原則3か月間、一定額を上限に家賃を支給する制度です。

無題1.jpg

知識としてだけでも、知ってていただきたい制度です

■各金融機関が住宅ローンの相談に

住宅ローンについて柔軟に対応するよう金融庁から

金融機関に要請があることもあり、各機関 相談窓口などを設けています

特に公的機関が扱っている【フラット35】に関しては

☆返済期間の延長などの返済特例や

☆一定期間だけ返済額を軽減したり

☆ボーナス返済方法の見直し

など柔軟に対応してくれています。

大きなお金の動いている住宅、

国も沢山の支援をしてくれていますが

自分自身でしっかり考えて決まていきたいですよね。

電話やWEBでも相談承っておりますので

お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

野田 杏理
のだ あんり

やんちゃ坊主と、気は弱いですが…優しい主人のいる主婦カウンセラーです。
主婦目線での間取りや家事導線、その他いろいろアドバイスさせていただいております★

最新ブログ一覧