家のお手入れと二十四節気④

5月は暦の上では夏です。
立春から八十八日が経ち、爽やかな風が吹く季節です。
そんな5月の二十四節気のお手入れの提案です。


立夏(りっか)が、爽やかな毎日です 。
立夏は立春から数えて八十八日目にあたる日。


♪夏も近づく八十八夜~♪ 


茶摘みの歌がありますよね。
晴天の日が続くこの時期にお風呂場のカビ取りや、畳の手入れをしておくと梅雨から盛夏にかけて掃除がしやすくなります。
畳は、掃除機を丁寧にかけた後、硬く絞った雑巾か蒸したタオルで拭きあげます。
お風呂は、浴槽周辺に黒カビがあれば早めに取りましょう。
胞子が開いてしまうと浴室全体にカビの菌が広がってしまいます。


小満(しょうまん) (5月21日)
小満は、聞いたことがない方も多いと思います。
麦の穂がしげり梅の実が付き、野山が美しい季節です。
梅雨の前なのでそろそろ天候が不安定になってきますよね。
今のうちに雨樋や雨水舛の手入れをしておきましょう。
雨樋は、ゴミが詰まったり割れたりすると雨水がうまく流れなくなります。
雨水舛周辺の草取りなどをして水の流れがとどこおらないようにしておきましょう。

5月末には色付くアジサイ.jpg

5月末には色付くアジサイ



雨水舛の手入れはを自分でするのは大変ですよね。


雨樋も壊れていたら業者に連絡しないといけないですよね。
何処に?誰に?って迷ったら「お家の買い方相談室 大分店」に聞いて下さい!

この記事を書いた人

関 小絵
せき さえ

デザイン担当スタッフ。デザイン歴35年☆社内のポスターやチラシを作ってます!

最新ブログ一覧