【一生賃貸】に住む?それとも【購入して持家】あなたにピッタリな方がわかる

【一生賃貸】に住む?それとも【購入して持家】あなたにピッタリな方がわかる

【一生賃貸】に住む?それとも【購入して持家】あなたにピッタリな方がわかる!

 

いま賃貸に住んでいる方で一生賃貸で大丈夫かな?今払っている家賃がもったいない気がする…という方が多いです。では、実際にどっちがオトクなのか、自分達がどっちに向いているのか、見ていきましょう。

 

まず、金額のシミュレーションから。(30歳の場合)

【賃貸】家賃:65千円(月) 共益費:5,000円(月) 駐車場代:14千円(月2台) 更新料:2年毎1.5か月分

【一戸建て】4,500万円の物件(駐車場2台分付)

と想定してシミュレーションをしてみましょう。

 

≪賃貸の場合≫年間一例

家賃

780,000

共益費

60,000

更新料(年割)

48,750

駐車場代

168,000

火災保険料

12,000

小計

 

住宅ローン減税

 1,068,750

合計

1,068,750

100歳まで払い続けるとして74,812,500

 

≪新築一戸建の場合≫年間一例

ローン返済

1,653,384

管理費・修繕積立金

0

固定資産税

172,000

駐車場代

0

火災保険料

22,000

小計

1,847,384

住宅ローン減税

150,000

合計

1,697,384

35年ローンとして59,408,440

 ※固定金利1.5%と仮定

 

金銭面以外でのそれぞれのメリット

賃貸のメリット

転居がしやすい。転勤が多い方や急に家族構成が変わった場合、それぞれの場合に応じて住み替えることができあます。収入に応じても選ぶことができ、ライフスタイルに合わせた暮らしができます。

 

賃貸のデメリット

小さなお子様がいる方は下の階の方に気をつかったり、騒音などのトラブルなどもあり得ます。お子さまが気にせず遊べる空間は少ないです。

 

持家のメリット

賃貸とは違い家族に合った広い空間を作ることが出来ます。

好みの家を作りながらお子様も音を気にせず遊ぶことができ、家族の時間も取れることでしょう。

また、持家は自分の資産にもなりえます。資産を得られる安心感や次の世代へ残す財産として安心できるかもしれません。

 

持家のデメリット

簡単に引越しができなくなる。転勤などがあった場合賃貸ではすぐに引っ越すことができますが、持家を買うと気軽に住み替えはできません。

 

 

結果的に、持家がいい!賃貸がいい!という答えは一概には言えません。

自分がどちらが向いているのか。どのくらいの予算であれば苦労せずに住むことができるのか。まずは自分のライフスタイルや収入からライフプランを作ることをおすすめいたします。結果、賃貸がいいのか持家がいいのかの答えが見えてくるかもしれません。

おうちの買い方相談室では、ライフプランを行いながら皆様が持家の方が幸せか賃貸の方が幸せかの答え探しのお手伝いをさせていただきます。

どちらがいいか悩んでいる方、お気軽にお問い合わせくださいね。

ご予約はこちら↓

https://ouchino-kaikata.com/oita/reserve.php

この記事を書いた人

小野 香連
小野 香連
おの かれん

笑顔で元気よくみなさんをおもてなしさせていただきます♡

最新ブログ一覧