そこはホントに良い土地ですか?

暖かく・・というか、暑い!と感じる自分の体型を恨めしく思う今日この頃。

おうちの買い方相談室大分本店は、感染症対策をしっかり行いつつ本日も元気にご相談を承っております(^^)

さて、マイホームを建てるときに切っても切れないのが土地ですよね。

土地の探し方としては、
不動産業者・住宅会社に探してもらう、
ネットで探す、住みたい地域を自分の足で探す・・・など、
皆さん色々と工夫をされているようです。

よく「良い土地ないですか?」と尋ねられるのですが
住みたい場所、建てたい家の大きさ、予算、住環境・・・などなど
〝良い土地〟の条件は人それぞれ違うので、一概に言い切れません。

なので、ご自身にとっての「良い土地」の条件をまず整理してみてください。

たとえば、一般的な宅地を大きく分けると「昔からある住宅地」と
「新たに開発された分譲地」に分けられるかなぁと思います。

それぞれの特長としては

昔からある住宅地
・分譲地は便利なところ、いわゆる町の中心部に近い場所から開発されていくのが一般的なので、駅や公共交通機関の利便性が良く、買い物や職場にも行きやすい可能性が高い。
・町自体に歴史があり、ルールや設備が改善され開発された当初より住みやすくなっていることがある。
・周りにどんな人が住んでいるか、ゴミ出しや町内会の様子はどうかなど、ある程度リサーチが出来る。

新たに開発された分譲地
・年齢層や収入などが近い場合が多く、生活感や価値観が似ている人が集まる。
・同じ時期に新生活をスタートするので仲間意識があり、コミュニティが作りやすい。
・昔からある団地と比較すると、道幅が広く取られていることが多い。
・開発当初であれば、分譲地内の好きな場所を選ぶことが出来る。

・・・といったところでしょうか。

IMG_1899.JPG

どちらかというとメリットになりそうな点を挙げてみましたが、
逆を考えたら、人によってはデメリットになるるのかもしれません。


どんな土地を選ぶにしろ、〝ポツンと一軒家〟を選ばない限り
多かれ少なかれご近所さんとのお付き合いは必要になるもの。

広さや価格だけでなく、どんな場所で、どんな生活を、どんな人たちとしたいのか(もしくはしたくないのか)も、しっかり考えて土地を選んでいきましょう。

おうちの買い方相談室では、皆さんのご希望を叶えられる住宅会社のご紹介だけでなく、住みたくなるような土地選びのお手伝いも行っております✨✨

まずはお気軽に無料相談をご利用下さい(^^)/

この記事を書いた人

渕上 将嗣
ふちがみ まさつぐ

けっこう長く不動産業界で過ごしてきました。
安心して家づくりをしていただけるよう、いいところも悪いところも包み隠さずお話しします。

最新ブログ一覧