住宅購入資金があがっていることご存じですか?

住宅購入資金が上がっていることご存じですか?

最近の相談者の方に多いのは 「住宅予算は2500~3000万円」 どこからの情報でそのようになっているのかは知りませんが、 大分・別府では難しくなってきています。

例えば最近人気の大分市東部エリア。

60坪で1000万円と言った土地の価格が当たり前となっています。

皆さんが言う通り、3000万円の購入費用とした場合、 諸経費を7%程度準備しておく必要があります。 200~250万円。

最近の建物は2000万円以上が当たり前です。 「1000万円からできる」といっても、 その金額ではできません(笑)

その金額で引き付けて、上げていく戦法です。 これだけでも足し算すると 3200万円。

さらにここからカーテンやダイニングテーブル、ソファ代かかります。 3300~3500万円 これが最低です。

ここから研究つくされ、アフターのメンテナンス費用不要とすることが可能となるが、 最初がちょっと高くなるハウスメーカーなどで価格が変わってきます。

ハウスメーカーが高いと思っている方多いですが、 長期で考えると変わらないなんてこともあったりします。

でも皆さんはこれらの金額で購入しなければならないわけでもありません。 比較的安く購入できる建売住宅や 中古住宅といった選択もありますよね。

大切なのは実際に支払うことのできる金額を知ることと 家族の考え方。 ここが重要です。 家族によって考え方違いますよね?

この辺りをしっかりと話し合うことと、知ることが大切です。

おうちの買い方相談室ではそのあたりの相談に来る方々が 毎月30組以上。

お気軽に予約して相談に来てくださいね。 みんなが安心の「保育士による託児」もありますよ!

この記事を書いた人

三浦 康司
みうら こうじ

おうちの買い方相談室代表で、キッズマネースクール代表。そしてごえん保育園の園長先生です。

最新ブログ一覧