家づくり~太陽光発電~

こんにちは!おうちの買い方相談室、久保です。

今回は皆さんが載せた方が良いのか、載せない方が良いのか悩まれる「太陽光発電」についてお話したいと思います。


太陽光を載せたいと考えられる方には、それぞれの理由があると思いますが、損得だけではなく、なんのために乗せたいのか目的をしっかり持つ事と載せることによるメリットとリスクを知る事が大切です。

太陽光発電を載せる目的として
・発電した電気を売って収益を得たいから
・自分たちで使う電気を自給自足したいから
・地球環境に良いから
・災害時に停電になってしまった際の対策の一環として

などがあるかと思います。

どの目的を叶えるためにも、気を付けて頂きたいポイントがありますので今回は3つご紹介したいと思います。


ポイント①
お家自体の「耐震性」「気密性・断熱性」です。

耐震性に関しては、太陽光パネルを載せると約300kg以上の重さが屋根・構造にかかります。耐震性の高いお家でなければ地震の際に屋根の重みが仇となり倒壊のリスクが増してしまいます。 

気密性・断熱性に関しては、気密性・断熱性の高いお家でなければ折角自家発電して電力を賄っても、冷暖房機をフル稼働しなければならず電力の節約になりません。省エネ・節約という点で例えるならば、燃費の悪い車にガソリンを沢山入れる様なものです。

ちなみに太陽光を載せる以前に気密性・断熱性の良い家と悪い家では月々10,000円くらい電気代が違ってきます。


ポイント②
「日当たり」です。

太陽光パネルの発電効率を上げるためにはパネル全体に太陽光が当たる事が非常に大切です。太陽光パネルのたった一部であっても木の陰や電線などの影が入ると、効率よく発電する事が出来ず、期待した量の発電が出来ません。ですので、お家を建てる場所に影が出来る建物や障害物がないかなど、立地や屋根の形に制限がかかってきます。


ポイント③
「メンテナンス費や雨漏りリスク」です。

太陽光パネルは載せておく事で確かに自家発電が出来るのでエコですし、地球環境に優しいかもしれませんが、半永久的ではありません。将来的には修理やメンテナンス、撤去にかかる費用も必要でしょう、屋根の塗り替え時には一度取り外さなければならなかったりで、撤去した場合にはボルトで穴が開いている部分から雨漏りがする可能性があったりと意外と目先では見えない費用やリスクが隠れています。

今回はリスク面や気を付けて頂きたい部分は他にもありますが、国自体も自家発電を勧めていますし、太陽光と蓄電池を併用する事で沢山のメリットもあります。

詳しいお話など聞かれたい方は是非おうちの買い方相談室へお越しください。

この記事を書いた人

久保 徹弥
くぼ てつや

ワンパク娘と良く寝る息子の二児の父カウンセラーです。
ご相談者様目線でお話・アドバイスを
させて頂く事ををモットーにしております(^^)

最新ブログ一覧