家づくり~土地と建物と日当たり~  

こんにちは!おうちの買い方相談室、久保です。

今回は、お家づくりにおいて皆さんが気にされる土地の日当たりについてお話したいと思います。

「やっぱりマイホームを持つなら絶対南向きの土地にしたい!!」という方も多いと思いますし、実際にご相談者様からもご要望として多い項目になります。ですが、それを絶対条件にしてしまうと土地選びでも条件が合わず決まるものも決まらないという事にもなりかねません。元よりそれぞれの方角についても特徴はなんなのでしょう?

そもそも、南向き、北向き、西向き、東向きとは何なのかというと、最大開口部(最も大きな窓など)が面する方向がどっちを向いているかという事が基準になります。

南向きのお家は、一般的に朝も昼も夕方も1日を通して日当たりが良いです。日が当たる時間が長いので、日中は電気を付ける必要がない!明るい部屋にいると気分も上がる!洗濯物も乾きやすい!など様々なメリットがあります。

逆に、日当たりが良すぎて家具やフローリングが焼けて色が変わってしまう!折角日当たりが良いのに、大通りに大開口の窓が面しているので人目が気になり普段からカーテンを閉めっぱなしになってしまう!などのデメリットもあります。あとは人気なので土地が高い傾向にあります。

東向きのお家は、やはり朝日がしっかり入ってきて朝から気持ちが良く目覚めが良い!というメリットがあります。反対に午後からは日が当たりにくいので部屋が薄暗くなりがちです。昼間でも電気を付けなければならない可能性も十分にあります。

西向きのお家は、あの強い西日が入るので夕方から部屋が暖かくなる!という事をメリットと捉えられれば良いのですが、やはり一番強い光なので「まぶしい」「暑い」と感じる事は多いと思います。また南向き以上に床や家具が焼けてしまう可能性が高いです。

北向きのお家は、方角の中では一番日が当たりにくく、昼間でも照明が必要であったりジメジメしてカビが発生したりする可能性があると言われており、デメリットが多く感じられるかもしれませんが、吹き抜けや土地に対する建物の配置など設計・間取りを工夫する事で彩光が取れ、また裏側に庭を作ることでプライベート空間が作れるなど、一般的なイメージよりメリットが多いです。

それぞれの方位でメリットやでメリットがありますが、やはり一般の方がネットや実物の土地を見てもそこにどんなお家が建つのか具体的なイメージは湧きづらいと思います。

そんな時は、住宅会社さんを味方につける事!です。しかし住宅会社の営業マンさんや設計士さんであれば誰でも良い!という事はありません!優秀で皆さんの事を真剣になって考えてくれる方に出会わなければ理想のお家は手に入りません。

その様な優秀な営業マンさん設計士さんとご相談者様をお繋ぎするのもおうちの買い方相談室のお役目ですのでお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

久保 徹弥
くぼ てつや

ワンパク娘と良く寝る息子の二児の父カウンセラーです。
ご相談者様目線でお話・アドバイスを
させて頂く事ををモットーにしております(^^)

最新ブログ一覧