家づくりあるある失敗例

こんにちは!おうちの買い方相談室の前田です!

夢のマイホーム『こんな家なら買わなければよかった...』

など後悔したくないですよね。

実際に住んでみてから住みづらい...と感じてしまうこともあります。

そんな失敗しがちな点についてお伝えしようと思います。



まず良く聞くお話しが『思ったように家具を配置できなかった』

光を取り入れたくて窓を大きくしたけど、

家具を置ける壁がないお部屋になってしまった...。

大きな窓があって、たくさん光を取り入れられる家、憧れますよね☆

ただ、家具を置くことを考えられずに設計されると

家具が置きづらい部屋になってしまい

生活しにくいお部屋になってしまうんです。

今使われている家具を持って行かれる場合もありますし

新しく購入される場合もあります。

どの家具をどこに配置すれば生活しやすいお部屋になるのか。

このようなことも考えながら、家づくりをされてみてください(*^^*)



次に『配線』。こちらも住んでみてから気づくことも多い部分です。

数を重視して使い勝手を考えていなかった

配線を隠せるよう見えない位置につくったら掃除がやり辛くなった

コンセントが届かず延長しなければならなかった...などなど。

コンセントをせっかくたくさんつけたのに使いづらいのは嫌ですよね。

自分たちがどんな家電をどこで使うのか。

こちらも考えておかれた方が良いポイントです✨



住み心地の良い暮らしができるように生活導線などを考えられながら、

計画されてみてくださいね♪

この記事を書いた人

前田 梨乃
まえだ りの

身長148cm。名前は覚えられなくても『あの小さい人』と認識されます。
小さいですがおうちに対する夢はとっても大きいです!

最新ブログ一覧