実は『一生賃貸派』だった私が家を買った理由①

こんにちは。『住宅購入診断士』の野田です。

一生賃貸で過ごしていくのか? 家を買って過ごすのか?

家族を持つと誰もが1度は考えるであろう

避けては通れない問題ですよね。。。。

住宅の仕事に携わる人間ながら‥‥

実はわたくし。

いや一生賃貸でしょ???と長年思っておりました

『お金』に関しては、割と冷静に物事を考える性格なのか。。。

■やっぱり、家を買うってリスク大きい

■住みたいところに住み替えしやすい

■定期的に新しい所の方が、楽しいんじゃない? etc

そんな理由から、なかなか手をつけて来ませんでした。

アドバイザーという職業柄、こんな質問もしばしば。。。

『若いうちに住宅を買った方が本当にお得ですか?』

→はい、それはお得です。

やっぱり働ける馬力のあるうちに購入した方が、返済完了の年齢も定年前の働いている間になります。

資金計画を立てていれば、尚、わかりやすく未来へ向かえる

『一生賃貸の場合と、持ち家 どっちがお得ですか?』

→【お金だけ、お得だけ】考えたら、あんまり変わらない。。。もしくは

一生賃貸の方がお金は溜まりやすいかも知れません 

※※ ここが私がかつて、一生賃貸派だった理由 ※※【損はしたくない】

※※なので、住宅のアドバイザーとして言えること

家はご家族が欲しい【理由】と【覚悟】が大切。

コレに尽きます。

世の中の広告には

「控除のあるうちに買い時を逃すな!」「資産価値の高い家を」

そんなキャッチ―な言葉も沢山じゃないですか‥‥

友達が購入した、職場の同僚が買った、妹さんや弟さんが買った

周りから、そんなお話もあると思うんです。

そんな周りの意見ではなく、

あなたにとって「ちょうどいいリスク」をちゃんと知って

「自分らしい」決断をしてみることが大事じゃないですか?

一生賃貸でもリスクはいっぱいあります。

■老後、住まいへの不安を抱える可能性がある

■立ち退きを求められる場合も...

■家賃が上がる可能性もある

万が一に備えたリスク回避ができるか??の視点も重要

★貯蓄力があって老後に備えられる

★実家に戻ることができる

視点を変えてみることも大切です。

さて長々と書きましたが。。。

私が家を買った理由・・・

それは実は【タイミングと勢い】だったりします。

ここまで損得のことを書いておいて...ですが

実は一番大切なのかも。と思ってみたり。

この【タイミングと勢い】については次回に続きます~

この記事を書いた人

野田 杏理
のだ あんり

やんちゃ坊主と、気は弱いですが…優しい主人のいる主婦カウンセラーです。
主婦目線での間取りや家事導線、その他いろいろアドバイスさせていただいております★

最新ブログ一覧