広島で叶えるマイホーム!「建売住宅」と「注文住宅」の選び方とは?part②

新築一戸建てを建てたいと考えたとき、注文住宅と建売住宅のどちらを選べば良いのか考えてしまいますよね。

今回はパート2という事で「注文住宅」にスポットをあててメリット・デメリットをお話しさせていただきますね(^^♪
ぜひ一戸建てをご検討されている方は参考にしてみてください♪

前回のブログ「建売住宅」についての記事はこちら↓↓

注文住宅とは?

pexels-david-mcbee-667221.jpg
「注文住宅」
とは、その名の通り注文してから新築する住宅のことを指します。
土地を持っていない場合には、土地探しからのスタートになります。

注文住宅のメリット

22450518_s.jpg
①構造や間取りを自由に選べる
注文住宅を建てるメリットの一つが、何といっても自由度の高さではないでしょうか。「収納たっぷりの玄関まわり」「お洒落なキッチン」「ご夫婦それぞれの趣味部屋」「家族との距離を感じれる間取り」「モダンな外観」などなど自分の好みに合わせることができます。
注文住宅は希望を形にすることができるため、間取りや外観、仕様といったすべての事柄において自由度が高いといえるでしょう。 自分たちだけのオンリーワン住宅です♪
②予算の調整がしやすい
注文住宅はご自身で自由に設計できるので予算に応じて住宅を建てられるというメリットがあります。しかしその反面予算をオーバーしてしまうことがよくあります。その場合、こだわりの少ない部分については設備などのグレードを下げてコストダウンをすることが可能です。ご家族で「どうしてもここだけは譲れない」というこだわりの「優先順位」を決めておいて、順位の高いものから実現していくようにするとよいですね!
③建築現場をチェックできる!
注文住宅は何もないまっさらな土地の状態から住宅が完成するまで、建築の様子を自らの目で確認できるのがメリットです。
住宅には、断熱材の施工など完成後は壁などに覆われて見ることのできない部分が多くあります。建築中から施工状況を確認できることで、自分たちの家が徐々に出来上がっていく様子を見ることはワクワク!とっても幸せな時間でもあると思います。

注文住宅のデメリット

22450500_s.jpg
①入居までに時間がかかる
注文住宅を新築する際は一からの家づくりとなるため、入居までにある程度の時間が必要です。お子様の幼稚園や小学校の入園・入学前にまでに間に合わせたい!という方など、いつまでに家を完成させたいのかを決めた上で、やるべきことをリストアップしスケジュールを組むことが大切です。

②自分で決めることが多い

「注文住宅」における自由度の高さは、考え方によってはデメリットとも言えそうです。キッチン設備や収納棚、外壁や玄関ポーチなどを決めるとき、迷ってなかなか決められなかったり、家族の意見がまとまらなかったりすることもあるかもしれません。
住宅会社との打ち合わせに多くの時間を割く必要があります。
そんな時は住宅会社の担当者さんやコーディネーターさんからアドバイスを聞きながら楽しく決めていくといいですね^^

③追加費用が発生しやすい

注文住宅を建てた方からは、「打ち合わせをしていくうちに追加工事が増え、最初の見積もりに比べ大幅に見積り金額が上がってしまったっ!」という声もよく聞かれます。
予算を調節しつつ、余裕を持った資金計画を立てることが大切になるでしょう!


まとめ

22613798_s.jpgここまで「注文住宅」のメリット・デメリットを解説してきましたがいかがでしたか? 新築一戸建ての購入を考えたとき、「注文住宅」か「建売住宅」のどちらにするのか悩む方もいるでしょう。「注文住宅」のメリットは、自由度の高さや予算の調節がしやすいこと、建築現場を確認できることなどが挙げられます。
一方で、入居までに時間がかかるなどのデメリットがあることも理解しながら、
夢のマイホーム購入をしましょうね(^^)/

次回のブログでは「建売住宅」「注文住宅」の選び方パート3をお話していきます!ぜひお楽しみに!

住宅購入を進める上で大切なのは自分自身にあった選択をすること!
ご家庭によって思い描く将来は違います。
同じ年収があったとしても「家族構成」や「ライフスタイル」が違えばお金の使い方も変わってきます。
どれだけマイホームにお金がかけられるのか
「購入できる適正な住宅価格(返済可能な住宅ローンの金額)」について私たちと一緒に考えていきましょう!


お気軽にご相談くださいませ♪

来店予約はこちら

この記事を書いた人

中川 美佐
なかがわ みさ

広島店店長
最近は手相占いも勉強中♪
女性目線からお客様の幸せなおうちづくりを全力でサポートします!

最新ブログ一覧