【広島の住宅購入】結局、住宅ローンっていったい何がいいの!?

こんにちは!室長の森です。

オリンピックで盛り上がった?8月も終わり、早いものでもう9月です。
一年間って振り返ればホントあっという間に過ぎていく気がしませんか?
年々私もそう感じています。

子供達も巣立っていくのはあっという間、日々家族との当たり前の時間にあらためて感謝をしつつ楽しく過ごしていきたいと思う今日この頃です。


先日、『住宅ローンセミナー』を開催しました!
お陰様で毎回好評をいただいている「住宅ローンセミナー」ですが新築、中古を問わず資金計画の中にローンを利用する方にはとても気になる話題です。


こちらのブログも是非ご覧ください♪


銀行マンの進められるがまま住宅ローンを申し込む場合が多い・・・

名称未設定のデザイン (80).png一般的なケースとして戸建て、マンションに関わらず購入を決めてそのまま紹介された金融機関で住宅ローンの事前審査を行い銀行マンに勧められるまま本審査を申込みそのまま借りておられる方々が多いようです。
が!やはり「住宅ローン」も大きな買い物ですからお家と同じくらいしっかりと考えて決めたいですね!


早いタイミングで住宅ローンをどこで借りるのかを選ぶ必要がある

しっかりと考えて決めるといっても実際は購入物件を決めた後、
割と早いタイミングで住宅ローンをどこで借りるのかを選ぶ必要があります
ので、例えば注文住宅でしたらどのメーカーさんにお願いするかを決めていくのと並行して住宅ローンについての情報も早めに収集していくのも大事なことだと思います。
そうは言っても、どの金融機関でどんな借り方をしたら良いか正直よく分からない、ですよね?!
お家を決めるのも購入する皆さんの意向や思いがそれぞれ違いますね、住宅ローンも正直、「人それぞれ」です。借入金額や返済期間についてはライフプランを作成することによって方向性が決まります。


住宅ローンの金利タイプは?

1076723_s.jpg

①変動金利
②固定金利
③2、3、5、10年毎に金利を見直すタイプ

があり、どれを選択するか決めなくてはいけません。
意外とこれを決めるのに時間がかかります。

変動金利は通常1年に2回借入金利を見直すタイミングがくるため変動が無ければそのままの低金利で継続できますが、仮に上昇し始めるとどこまで上がるのかは分かりませんのでそこが悩みどころです。
近年、住宅ローンの金利が驚くほど低いのでそれが当たり前のようになり、
今後金利が上昇する可能性は少ないのでは?ということから、
一先ず変動金利を選択される方が多いようです。

何が正しくて何が間違っているのか、どれが正解とかはありませんが変動を選ぶ方、固定を選ぶ方それぞれ判断の決め手となるポイントがあるようです。

次回は実際に住宅ローンを借りてお家を購入された皆さんのアンケートも含めてお話しできればと思います。

名称未設定のデザイン (75).png

「おうちの買い方相談室 広島店」では住宅購入でお悩みで多い「住宅ローン」の選び方で悩んでいる方、一人一人に合ったアドバイスさせていただきます(^^♪
お気軽にご相談ください!

個別相談はコチラ

この記事を書いた人

森 信治
もり しんじ

広島店室長
最近の休日の楽しみは娘と散歩やサイクリングに行くことです。
お客様の幸せなおうちづくりを全力でサポートします!

最新ブログ一覧