広島の暑い夏を快適に過ごす対策とは?

7月に入り、毎日暑い日が続きますね。
各地では海開きのニュースが聞こえてきます。
さて、広島の夏といえば、瀬戸内海の温暖な気候による蒸し暑さが特徴!
そんな広島の夏を快適に過ごすための暑さ対策をお伝えします。

目次

家の中でも蒸し暑くなる原因とは

5187141_s.jpg

真夏に部屋の中が蒸し暑くなってしまうのは

・日中、夏の日差しで屋根が熱されることにより天井に熱がたまる
・夏の日差しでアスファルトが熱されたことにより熱が上がってくる
・ベランダからの照り返しによって室温が上がってしまう

主にこの3つの影響により室内に熱が溜まることで、部屋の中でも蒸し暑く、
過ごしにくい状態になってしまいます。
上記の状態になる前に対策をすることで、家の暑さを和らげることが可能です。

空気の通り道をつくってあげよう

5199446_s.jpg
熱せられた「暖かい空気」というのは、冷たい空気より軽いため上へ上へと昇っていきます。そのため、1階より2階、フローリングよりロフト、と高い場所の方がより暑くなりやすくなります。
なのでまずは、高い場所の「空気の通り道」を作ってあげましょう。

例えばマンションや賃貸であれば、天井付近の窓を開けたり、一戸建てであれば、2階の窓を開けてあげましょう。
この時、できれば対角線上の窓を2か所以上開け、日陰など涼しい空気がある方を小さく開け、反対側は窓を全開にしましょう。
そうすることで、風向きにもよりますが日陰側が空気の入り口、反対側が空気の出口とする空気の流れが出来、より涼しい風が通りやすくなります。

これから「家づくり」を考える方は、屋根裏に換気排熱ファンを取り付けることもおすすめです。屋根で熱せられた空気が排出されるので2階の暑さ対策となりますので、検討してみるのもいいでしょう。

カーテンは厚め&遮光機能を

1437160_s.jpg
なかなか、屋根裏にファンをつけるまでは、、、と悩まれる方は、より手軽に始めれる方法として、カーテンを厚めのものに変えるというのも効果的です。
そして、一番日が強い時間帯はカーテンを閉めておきましょう。
外から入ってくる日光の照り返しが入らないだけでも室温の向上対策となります。

更に遮光機能が付いていればさらに効果が上がります。
日中は明るく日差しを取り入れたい! という方は、窓に「断熱・遮熱フィルム」をつけるのも同じ効果があるので、家の窓を選ぶときに検討してみるのはいかかでしょうか。

ベランダに打ち水を人工芝でも効果あり?

603410_s.jpg
統的な暑さ対策の一つに「打ち水」があります。
庭や家の周りに水を撒くと気化熱で涼しく感じる、というものです。
日差しの強い日中に行うと湿度の高い空気が室内に入り込んでしまいますので、気温の比較的低い午前中もしくは夕方に水をまきましょう。

この打ち水、庭だけでなくベランダに行っても効果あり! マンションや2階のベランダでも試してみてください。 また、ベランダを一般的なコンクリートではなく、木のベランダや人工芝を設置したベランダにすることで、日差しの照り返しが和らぎより涼しく感じます。


色々な工夫を組み合わせつつ、それでも暑いと感じたら、体調を崩す前にエアコンや扇風機など上手に活用していきましょう。

また、広島の暑い夏でも快適に過ごすお家づくりに迷われたら、気軽におうちの買い方相談室広島店にご相談くださいね。
当社スタッフと一緒にあなたにとって世界一過ごしやすいマイホームづくりを目指しましょう。

この記事を書いた人

平田 麻由美
ひらた まゆみ

広島店主任コンシェルジュ
広島で子育て奮闘中の新米ママ兼FPをしております(^^)
お客様の幸せなおうちづくりを全力でサポートします!

最新ブログ一覧